感染のない安全な登山のために!

●体調の悪い場合は中止しましょう! ●登山は小人数で! ●充分な装備で!(ウェア、靴) ●マスクも持参しましょう!

風の季の周辺には、初級者向けから上級者向けまでの登山コースが多数あります。
登山口に近い風の季に前泊して、万全の体調で、より安全な登山をお楽しみください!

※早朝出発のできるプランもご用意!市営温泉も格安料金でご利用いただけます。

お得な前後泊プラン・・・  八ヶ岳登山宿泊プラン
 
ペンション風の季では、ご宿泊のお客様には「ウォーキングマップ」を差し上げています!
(※ご予約の際に、ウォーキングマップ希望とお申し付けください。事前に送付いたします。)

ご参考

 ※表中の所要時間は標準タイム(長め)です。数値(3-C等)は体力度・難易度レベルです。
※11月~5月の八ヶ岳登山は冬山装備(防寒着、アイゼン等)をご用意ください。
※登山計画書を提出しましょう!(風の季から提出することも可能です。)(12~3月は山梨県の一部の山域では義務化されました。)こちらも活用ください「コンパス」

本州のほぼ中央に南北約30キロに連なる八ヶ岳連峰。 ひとくちに八ヶ岳と言っても主峰赤岳を含む南八ヶ岳と北八ヶ岳に区分けされます。
風の季から近い南八ヶ岳はスリル満点の岩稜を連ねる山々で、雄大な展望と可憐な高山の花々が魅力。 風の季を拠点に是非南八ヶ岳を制覇してみませんか!


=赤岳=

八ヶ岳主峰、日本百名山、標高2899m、(上級者向け)
他に類を見ない山頂からの眺望。鎖場を経ての登頂時の満足度は最高

赤岳への登山ルートはいくつかありますが、南東からのルートは比較的距離が短く短時間で登頂することができます。また尾根道からの眺望も楽しめます。
西側(美濃戸口)からのルートに比べマイナーで登山者は少なく、悪路もありますが、野鳥やカモシカに遭遇できるなど魅力も満載です。
下記の他に赤岳沢から天狗尾根ルート等もありますが、超上級者向けです。
※標高2600m以上の登山道は鎖場、梯子の連続です。

登山口  登山口までの所要時間(車) ルート 登り所要時間 下り所要時間 難易度
大門沢林道入口 15分  県界尾根  4:35 3:40  D4
美し森山 10分 真教寺尾根  5:10 3:35  D4
天女山 10分 権現岳経由主稜線  7:25 5:40  D7
※真教寺尾根コースの場合、清里ハイランドパークから賽の河原下までリフトを利用することもできます。(90分短縮できます。)
※天女山から権現岳経由主尾根コースの場合、山小屋(権現小屋、キレット小屋、赤岳山頂小屋等)の途中泊をお勧めします。

=権現岳=

山梨百名山、標高2715m、(上級者向け)
山頂から見る赤岳&阿弥陀岳の真南からの雄姿を是非一度。 

南八ヶ岳を象徴する岩峰のひとつ。
南麓から見るその姿は赤岳に劣らない存在感があります。三ツ頭・権現岳間に一部鎖場がありますが難易度は低いです。
冬季はブロッケン現象も起こります。

登山口  登山口までの所要時間(車) ルート 登り所要時間 下り所要時間 難易度
天女山 10分 三ツ頭経由  4:15 2:40 D4
観音平 25分 編笠山・ギボシ経由 4:30 3:10 C4
※天女山から権現岳は冬季でも人気のコースです。天女山頂までの県道は冬季閉鎖のため天女山入口交差点が登山口になります。
※観音平から、編笠山経由の場合、下山は三ツ頭経由で八ヶ岳横断歩道に出るコースもおすすめです。

=三ツ頭=

標高2580m、(中級者向け)
難所はないが登り応えあり、山頂の眺望も抜群。

南八ヶ岳登山の初心者におすすめなのが編笠山とこの三ツ頭。
前三ツ頭までの樹林帯の中の登山道は勾配もきつく、疲れますが危険個所はありません。
三ツ頭山頂に出ると急に周囲が開け、権現岳・赤岳の雄姿が感動的です。
下りは浮石が多いので注意してください。

登山口  登山口までの所要時間(車) ルート 登り所要時間 下り所要時間 難易度
天女山頂 10分 前三ツ頭経由 3:15 2:00 B3

※天女山から三ツ頭は冬季でも人気のコースです。天女山頂までの県道は冬季閉鎖のため天女山入口交差点が登山口になります。


=網笠山=

山梨百名山、標高2524m、(中級者向け)
八ヶ岳主稜線の最南端。山頂からは真ん前に南アルプスの眺望。